世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

ダイエット ぽっこりお腹を減っこます。

ポッコリお腹を解消する1日5分のエクササイズ



骨盤と背骨を正しく安定させる筋肉の強化がシェイプアップの基礎

歩行時に腹筋や臀(でん)筋を意識すると、ポッコリお腹を解消できて美しい体形に引き締まります。とは言っても、姿勢が悪く猫背で歩いていたり、お尻やお腹を突き出して歩いていたりしては、全く意味がありません、まずは歩行時の美しい姿勢づくりから始めましょう。美しい姿勢は「骨盤と背骨が正しい位置で安定」していることが重要です。そのために必要な筋肉が、骨盤と背骨を正しい位置に保持するインナーユニット(腹横筋・骨盤底筋群・多裂筋・横隔膜)や、姿勢保持のためのアウターユニット(外腹斜筋・内腹斜筋)です。これらの筋肉を意識して強化することが、美しい姿勢とシェイプアップの基礎となります。

まずは、仰向けの状態で骨盤・背骨のニュートラルポジションを覚えて腹筋の収縮を感じましょう。

(1)真直ぐに仰向けに寝ます。足幅は握り拳1個分ほど開けます。膝も同じ幅に開けます。
(2)大きく息を吸って胸を上へ引き上げます。このとき、肩が上がらないように注意します
(3)息を吐きながら背骨を上から順番に腰上まで床につけていきます。
(4)腰は手のひらが入るくらいの隙間を開けます。
(5)骨盤と恥骨が同じ高さになるように平らにします。
ニュートラルポジションがつくれたら、骨盤の骨の内側を触って固くなるように力をいれていきます。このとき、(4)をキープしたままで骨盤が後傾しないように、ゆっくりと収縮させていきましょう。

インナーユニットを収縮保持し、美しい姿勢を安定

ニュートラルポジションで腹筋の収縮を感じられたら、次は、股関節の動きに対して骨盤のニュートラルポジションが崩れないように筋肉の収縮を保持し、美しい姿勢を安定させます。

(6)腹筋を収縮させたまま片脚を45度くらい開いていきます。このときに骨盤が傾かないようにしっかりと意識しましょう。左右3回ずつ繰り返し行います。

(7)片脚の踵を付けたまま、ゆっくりと伸ばしていきます。今度は腰の隙間が広くならないようにしっかりと筋肉を意識して骨盤の前傾を抑えましょう。左右3回ずつ繰り返します。筋肉の収縮が緩んでいないか骨盤の骨の内側を触って確認しながら行うとわかりやすいです。

アウターユニット(腹斜筋)はくびれづくりに欠かせない

最後に、インナーユニットの収縮保持ができたら、今度はアウターユニット(腹斜筋)の収縮を意識しましょう。腹斜筋は肋骨と骨盤につながる筋肉で、くびれづくりや美しい姿勢づくりに欠かせない筋肉です。

(8)ニュートラルポジションとインナーユニットの収縮をキープしたまま、両手を天井方向に上げて指先を天井にとどかせるイメージで伸ばします。このときに肋骨の下の方の筋肉が使えているか確認し、そのまま手を首の後ろに回します。

(9)(8)で確認した筋肉を意識しながらお腹が平らになるように起こしていきます。10秒キープを5回繰り返します。ちょうど肋骨のカーブの辺りが痛く感じられたらOKです。

(1)~(9)まで5分ほどですべてできます。歩き出す前に大きく息を吸って吐きながらこれらの腹筋を意識して引き締めましょう。今までとは違った美しい姿勢で歩行ができるようになります。1日5分のエクササイズを通して普段の歩き方をちょっと意識するだけで体のラインは美しく変わります。冬の間にポッコリお腹を解消して、薄着の季節に備えましょう。
スポンサーサイト
  1. 2014/01/10(金) 17:37:01|
  2. 新型インフルエンザ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

どうなる中国 インフルエンザ 自己防衛しましょう

中国で新型鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染者が確認され世界で封じ込めに必死となっています。

4月3日時点ではWHO(世界保健機関)によると「人から人への感染例は見つかっていない」といわれていますが、今後、その危険性も当然予想されています。

中国国営新華社通信によると、江蘇省南京市と上海市で6日までに、それぞれ2人、計4人の鳥インフルエンザ(H7N9型)への感染が確認された。中国国内での感染者は、死者6人を含め計18人となり、拡大の様相を呈しています。

専門家は、渡航者や渡り鳥のほか「黄砂に乗ってウイルスが日本にやってくる」と警鐘を鳴らしています。また、国立感染症研究所の分析によると、感染者から検出されたウイルス「H7N9型」は、遺伝子に変異が生じて人から人に感染しやすくなっている可能性があるともいわれています。
インフルエンザに詳しい世田谷井上病院(東京都世田谷区)の井上毅一理事長は「普通の鳥インフルエンザ゙は鳥から鳥にうつるものであって、人間にうつることは考えられなかった」と話し、この型のウイルスは元来、弱毒性で感染しにくいものだが〝新種ウイルス〟は毒性が強まっている可能性もあるという。「突然高熱が出て、体中の筋肉が痛み、倦怠感が出るといったインフルエンザ特有の症状だけでなく、(昨年急逝した歌舞伎俳優の)中村勘三郎さんがかかったARDS(急性呼吸窮迫症候群)や多臓器不全などを引き起こし、死に至ることもある」

最初に感染者が出たのは大都市・上海。約13億の人口を抱える中国は、陸路のほか空、海を通じた人の出入りも多い。パンデミック迫っているといっても過言ではないような気がします。
これまで日本では新型インフルエンザが流行した場合、発生国への渡航制限をかけて状況悪化を防ぐなどしてきた。厚生労働省は3日、全国の空港などにある検疫所で中国と日本を行き来する人たちに注意喚起を開始。医療機関が感染を疑われる人を発見した場合、保健所を通じて国に連絡するよう自治体や医療機関に要請した。しかし、、今回ばかりはそんな対策をあざ笑うかのような事態が起きかねない。「中国からの黄砂に乗ってウイルスが日本に渡ってくるかもしれない」と井上氏は指摘しています。

国土の20%が砂漠化している中国からは黄砂に混じって「PM2.5」も依然として日本列島に飛来し続けており、日本国民もマスクなしでは外出できない最悪の状況に置かれようとしています。加えて、中国共産党人民解放軍は、北朝鮮の地下核実験を牽制して、世界第2位の広大なタクラマカン砂漠で核実験(ニュースでは一切報道されていない)を何度も行っており、この放射能がジェット気流に乗って中国全土から日本列島を襲ってきている。この「猛毒大気」は北京市や上海市をはじめ中国沿岸地域やその周辺からさらに内陸部を覆い尽くしている。「中国人民は猛毒大気のなかでよく生きている」とかえって感心させられます、情報の隠ぺいもあると思います。
さらに深刻なのは、中国本土は、その60%~70%の地域の水(地下水を含む)が有害化学物質により汚染されていて、とても飲料水としては用いることができないといわれています。にもかかわらず、中国人民の多くは、仕方なく飲み続けているというから、たくましい。

日本もこの状況を他人事として見過ごせないのは、中国から日本に輸出されている農産物がこの汚染水を使って生育されている可能性があり、決して他人事ではありません中国の富裕層は、日本から輸入される米や野菜、果実がいかに高価でも買い占めて食べていると聞きます。中国から洪水のごとく押し寄せて来る「猛毒食品」を買って食卓に上らせている世界にとって悲しいことです。

さらにこれから渡りの季節であり「大陸からの渡り鳥にも注意しなければならない」日本にやってきた渡り鳥は、体内に宿したウイルスを日本の鳥にうつす可能性があります。「鳥の尿、糞、羽根にウイルスがくっついている。それが感染源になります。地面に落ちた糞からもウイルスが空気中に舞い上がります。新型鳥インフルエンザが怖いのは、感染した鳥に異常が見られず「感染したアヒル、ハト、なんかはいつも通り元気にしている」

新型の鳥インフルエンザワクチンができるのはまだかなり先の話です。特効薬の「タミフル」に期待したいのですが「ウイルスと薬のイタチごっこだから、タミフルが効かない可能性だってあります。」予防対策としては基本の習慣化、人ごみに出かけるときはマスクと外から戻ったら入念な手洗い・うがいです。できることなら鼻の穴の中や顔も洗うことが推奨されるています。

新種ウイルスの感染経路は不明とされていますが、かの国の衛生問題が根底にあるのは明白で情報隠ぺいもそれに拍車をかけています。

先日報じられた通り、上海では死んだ豚6600匹を平気で川に捨てている国です。(日本も偉そうなことは言えませんいまだに放射能物質をまき散らしています。)
中国での予備的な実験では、抗ウイルス薬のタミフルが有効である可能性が示されている。米疾病対策センター(CDC)はワクチン製造に向けた準備を開始。日本の準備を始めだしました。
日本に入ってくるのはそう遅くはないと思います。自己防衛、うがい手洗い、マスク
ようがない時は、人ごみに出ない!

自己防衛しましょう鳥インフルエンザ ヤフオク

  1. 2013/04/07(日) 10:35:45|
  2. 新型インフルエンザ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石川県インフルエンザ発生状況&2013/03/09学級閉鎖状況

 3月9日の石川県のおける学級閉鎖はありません。昨日今日と一気に春が来て気温がぐんぐん上がり阿多あt回避が続いています。幸いインフルエンザは、減る傾向にありますが、花粉の飛散、黄砂、より怖いPM2.5の飛散がひどいです。空が、すこしかすんでボーとしてました。
下記記事は、石川県記者発表より作成しています。
http://www.pref.ishikawa.lg.jp/kisya/index.html
平成25年03月09日の学級閉鎖状況
登録はありません。
平成25年03月10日以降の学級閉鎖状況
登録はありません。


感染症情報2013年(9週)2/25~3/3 
石川県感染症発生動向調査

保健所管内別発生状況

感染症名最近10週の状況
感染症の説明
今週新たに報告があった
先週に引き続き報告があった
増加 減少 同数
先週報告があり今週報告がなかった
調査対象週間定点当たり数南加賀石川中央能登中部能登北部
今週
2/25~3/3


前年の
同週
今週
(9週)
金沢市石川中央
定点10定点16定点10定点7定点5
1
866△3521.5618.04↓↑↑↓↓
  1. 2013/03/09(土) 21:36:04|
  2. 新型インフルエンザ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春の行楽シーズン野山散策要注意 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)

厚生労働省案内
これから春の行楽シーズンを控え野山等草のあるところへお出かけの際は
素肌を露出させず。防虫スプレーの事前噴射等が有効です。知らない間に
ダニにかまれて、知らない間に感染する危険性があります。

国内の感染症発生状況

【重症熱性血小板減少症候群】
◆重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の2症例について臨床経過を紹介して
います

 本年1月に、国内で初めてダニ媒介性疾患「重症熱性血小板減少症候群(
SFTS)」の患者が確認された旨お知らせしているところですが、その後の調査
で確認された昨年の2症例について患者の概要が取りまとめられ、病原微生物
検出情報(IASR)に掲載されました。
 医療機関の皆様におかれては、本情報を診療にお役立ていただくとともに、
SFTSであることが疑われる患者を診察した場合は、最寄りの保健所へ連絡いた
だくよう引き続きご協力のほどお願いします。

<病原微生物検出情報(IASR):【速報】国内で初めて確認された重症熱性血小
板減少症候群(SFTS)患者に続いて後方視的に確認された2例>
http://www.nih.go.jp/niid/ja/sfts/sfts-iasrs/3298-pr3981.html

<病原微生物検出情報(IASR):国内で初めて診断された重症熱性血小板減少
症候群患者>
http://www.nih.go.jp/niid/ja/sfts/sfts-iasrd/3142-pr3963.html
  1. 2013/03/09(土) 00:09:25|
  2. 新型インフルエンザ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インフルエンザ石川県 学級閉鎖状況 2013/03/04

石川県内ではインフルエンザによる学級閉鎖は1学年だけでした。

インフルエンザ石川県 学級閉鎖状況 2013/03/042013 0304
  1. 2013/03/04(月) 12:41:12|
  2. 新型インフルエンザ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ