世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

政府の新型インフルエンザ危うい対応

Yahoo!ニュースでありました
木村もりよ氏新型インフル>厚労省職員が機内検疫批判 参院予算委で
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090528-00000121-mai-pol

厚生労働省の現役医系技官の木村もりよ(厚生労働省内部改革者)が5/28日の参院予算委員会で参考人して語りました。「国民へのパフォーマンスに利用された」と発言

私もそう思いました。新型インフルエンザの我が国の対策は、水際信仰が強すぎ、上陸確認が送れ、貴重な1週間を無駄にした感が強い、最初に発症者が出たのは、5/9日潜伏期間を考えると(7日~10日)国内への流入は、すでにその前ということになり、厚生労働省が新型インフル発生を宣言した先月28日の時点で、4月のこの時期、インフルエンザは終息しているはずなのに、何かおかしい。すでにもう日本に上陸しているのでは・・・」と感じいた公衆衛生関係者は、多かったに違いありません。


水際信仰が強く政府はちゃんとやってますよと宣伝しすぎ国内には感染者は、いないという幻想を広め、5/16日に海外渡航暦のない高校生の感染が確認され「初の国内発生」と大騒ぎになったことは記憶に新しい限りです。

結果感染拡大防止に使えた貴重な1週間を無為に過ごし感染が拡大しました。


4月下旬にすでに国内上陸をサイトで訴えていた元小樽市保険所長の外岡立人さんは、アメリカは、過去H5N1型、香港型、ソ連型、を識別する体制を整え、だからそのどれでもないウイルスが見つかりすぐに反応できました。
日本は、3年前から巨費を投じ対策をしてきたが、いったい何の対策をしてきたのか?嘆いておられたそうです。


現在ベストの対応をし注目されているのは、まだ感染者は、5/30時点でいない仙台市の対応だそうです。医師会が全面協力




5月の9日より27日までの日別発症者は17日をピークに減ってきています。

Yahoo!ニュースより抜粋
国内での新型インフル感染者は359人に
5月29日17時34分配信 医療介護CBニュース
 厚生労働省は5月29日の記者会見で、同日正午現在の国内での新型インフルエンザ感染確定者が359人になったと発表した。28日正午の時点から3人増加した。これで感染者は、成田空港での「水際対策」で確認された8人を含め、367人になった。

 359人の内訳は、大阪府(大阪市、高槻市、堺市を除く)115人、神戸市102人、兵庫県(神戸市、姫路市、尼崎市、西宮市を除く)64人、大阪市23人、兵庫県尼崎市19人、大阪府高槻市17人、大津市3人、埼玉県、川崎市、静岡市、京都市各2人、東京都(八王子市と大田区を除く)、東京都八王子市と大田区、堺市、兵庫県姫路市と西宮市、和歌山市、福岡県各1人。



新型インフル(弱毒性)予行演習で見えた、問題点。
皆さんはどう思いますか?


今後、強毒性に注意、備えましょう。

スポンサーサイト

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

  1. 2009/05/30(土) 23:20:08|
  2. 新型インフルエンザ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。