世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

押しつぶされて 死刑執行にサイン? 千葉法相



千葉法相が署名し、また立ち会いもし、民主政権になって初の死刑が執行されました。

なんかこの方は、もともと死刑廃止論者であり、法相になる前は、

「死刑廃止を推進する議員連盟」に所属していましたが、先の

参院選で落選し、引き続き民間大臣として菅内閣の法相を務めておられます。

なぜ今の時期になって、なぜ・・・・?



少しきつく言えば、「国民に NOと突きつけられた人のする事か」?

こんな見方もあります。YOMIURI ONLINE

みんなの党の江田幹事長は国会内で記者団に「(千葉法相への)問責決議が取りざたされて

いる時期に、なぜ今まで執行しなかった人がやったのか、そのタイミングの判断は理解に苦

しむ。どういう判断をしたのか説明してほしい」と述べた。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100728-OYT1T00515.htm


筋を通して、署名せず法相辞任すれば、自分に正直ではなかったかと思います。

法相としての責任をなぜこだわって果たしたかったのか、自分の発した言葉に

押しつぶされたみたいです。

菅総理にならってお遍路さんでちゃんと自分を見つめなおしてほしいものです。



落選後になぜ?廃止論者の死刑執行ここのあたりが正論のようです。以下抜粋

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100729-OYT1T00282.htm?from=nwla

民間人の立場で執行を決めれば批判を浴びかねない。法相は先週半ば、死刑執行命令書に

サインする意向を法務省側に示し、「執行に立ち会いたい」という希望も伝えていた。

千葉法相は就任直後から、「死刑に関する議論を巻き起こさないといけない」と繰り返し、

刑場を国民に向けて公開する必要性も説いていた。ただ省内には、執行を先送りしたまま公開

だけを進めれば、死刑廃止に向けて歩を進めていると受け取られる恐れがあるという懸念もあった。

「執行とセットでの情報公開」が、双方のぎりぎりの妥協点だった。



旅に出てみませんか 秋ちかし!
赤い風船 あなたにぴったりの 旅 日本旅行検索 








スポンサーサイト
  1. 2010/07/30(金) 12:48:17|
  2. 民主党のこれから
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ