世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かせぎながら日本を元気にするビジネスモデル。

 

かせぎながら日本を元気にするビジネスモデル無料でどうぞ

かせぎながら日本を元気にするビジネスモデル無料動画
「山 本 太 郎」


『7月8月に予定されていたドラマですが、
原発発言が問題になっており、なくなりました。』

25日、俳優、山本太郎さんの元に
マネージャーから1通のメールが届いた。


「3月11日を機に、もう自分を守るのはやめたい」

と山本。


「電力会社はメディアの最大のスポンサーですし、さまざまな事情はあります。
 でも、自分たちが守るべきものはなんなのか?
 今、福島の子どもたちが、これから先、病気になるのはわかりきっている。
 まるで死刑台に向かって、列を作らされているようです。
 何も行動しなければ、僕は自分を許せない」


母子家庭に育った山本は、女手一つで彼を育てた母親に守られ、
たっぷりの愛情を受けて育ったことを自身の本
『母ちゃんごめん 普通に生きられなくて』
でつづっている。

「大人は子どもを守るものだということを、僕は母親に教えてもらった。
 だからこそ、今こそ僕ら大人が子どもを守らなければならないんです」

という山本は、

「彼らを選んだのは僕たちなんだから、みんなに責任がある。
 大本営が発表したことをただ信じるのではなく、
 自分たちで異を唱えないと何も変わらない」

と訴え、

27日、山本太郎は、自身の事務所を去った。



いま私たちが日本の復興のためにできることはなんだろうか?


その答えの1つをあなたにお届けします。

完全無料ですので、今すぐこちらのページをご覧ください。


http://123direct.info/tracking/af/264374/OBWQQIk2-DxnCpSR1-qDsEn9rd/
スポンサーサイト
  1. 2011/05/31(火) 23:19:40|
  2. 原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。