世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

汗は本当はくさくない。

汗は本当はくさくない。
これから、だらだら汗が出る時期です、汗を書いて匂いが気になると思ってらっしゃるあなたに朗報です。よい記事がありましたご参考まで!

汗は臭くない においの意外なメカニズム


いよいよ夏本番。体臭が気になる季節の到来です。まわりの人を不快にさせてしまう嫌なニオイを抑えるにはどうしたらよいのでしょうか。
汗から体臭が発生するメカニズムを調べてみると、不思議な事実が浮き彫りになって来ます。 今回は、体臭に関する基礎知識を紹介します。

 「実は分泌したばかりの汗はほとんど無臭。たんぱく質や皮脂、汚れなどが混ざった汗を細菌が分解して、初めてニオイが発生するんです」。花王の香料開発研究所の矢吹雅之・主任研究員が話していました。

 そもそも汗腺(図1)は、体温調節のための汗をかくエクリン汗腺と、ワキガなどの体臭のもとになる物質を分泌するアポクリン汗腺に分かれています。

画像の拡大

 エクリン汗腺から出る汗は水分が99%以上で、無色透明のサラサラした液体。一方のアポクリン汗腺から出る汗はたんぱく質や脂質などを多く含んだ乳白色のトロッとした液体。互いに成分が大きく異なります。

 「このアポクリン汗腺から出る汗の方がよりニオイを発生させやすい」。矢吹さんはこう指摘する。ニオイのもととなるたんぱく質や脂質などを多く含んでいるためだ。つまり、嫌な体臭を抑えるには、アポクリン汗腺から出る汗を集中的にケアする必要があるというわけ。

 ではアポクリン汗腺は体のどこにあるのだろうか? 分布を調べると、不思議な法則が読み取れる。
 どういうわけか、身体でも毛が多くはえている部分に多く分布する傾向があるということです。

 さっそく見てみましょう。

 図2はそれぞれの汗腺(エクリン汗腺とアポクリン汗腺)の分布状態を示した人体マップです。

 エクリン汗腺は、頭部や胸部など重要な器官が集中する部分に多い。これはきめ細かな体温調節などを行うため(足については「滑り止め」が目的ではないかと推測されている)。

 一方、アポクリン汗腺はわきの下、外耳道、へそ、乳首、外陰部など毛が多くはえている部分に多い。とりわけ、わきの下に集中している。

画像の拡大

                       一般にアコクリン汗腺は、思春期から活発化し、精神の緊張や性的刺激によって発汗することが知られている。「まるで毛が、ニオイのもととなる物質を各部分にとどめたり、周囲に効果的に発散させたりしているように見える」と矢吹さん。

 その理由については、「ニオイで異性を引き付けるのが目的」「身の危険などを周囲に知らせるのが目的」など、様々な仮説が取りざたされている。だが、明確な答えはまだ見つかっていない。
さらに、体臭についての解説を続ける。

 ワキガ臭はアポクリン汗腺からの分泌物によって発生するが、主に次の3要素から成り立っている。硫黄臭、スパイシー臭、脂肪酸臭――。

 それぞれ、一体どんなニオイなのだろうか?

 科学的に合成した成分を用意してもらい、実際に自分の鼻でかいでみた。

 最初にかいだのが硫黄臭。ふたを開けると、ツンとした独特なニオイが鼻の奥を刺激した。すぐにワキガの主要成分だと分かる。何度もかいでいるうちに、グレープフルーツの苦みのあるニオイにもよく似ていることに気が付いた。

画像の拡大

 続いてスパイシー臭。これは香辛料のような乾いたニオイ。不思議に懐かしい気持ちになってくる。以前、取材でよく訪れた中東地区のスーク(市場)の風景を思い出した。最後に脂肪酸臭。これは、湿ったまま放置しているぞうきんのようなニオイだ。器械体操などで使い込んだ古いマットのようなニオイとでも言ったらいいだろうか。

 以上、こうした3つのニオイが複雑に混じり合ってワキガ臭が出来上がっている。

 矢吹さんの研究によると、ワキガ臭は日本人の約2割が持っているそうだ。

 ワキガ臭には様々な特徴があることも分かっています。

 まず年齢との関係。

 アポクリン汗腺は30~50歳代に活発に機能し、ニオイが強まる傾向がある。やがて50歳代を過ぎると、アポクリン汗腺の活動が衰え、急速にニオイが弱まってゆくらしい(図5)。
 精神ストレスによってニオイが強まる傾向もある。

 図6は花王が女性25人を対象に調査したワキガ臭の変化の様子。

 被験者に人前で常識テスト、算術計算、自己紹介などを強制し、精神ストレスを10分間与えた後に検査した結果と、その前日に精神ストレスを与えることなく検査した結果を比べると、ワキガ臭が「顕著に強くなった」と「強くなった」という被験者は合わせて76%。特に「顕著に強くなった」という48%を対象にワキガ臭のもとになる分泌物の量を調べると、最大で3.6倍に増えていました。

 緊張した際にワキ汗をかき、ワキのニオイが強くなる経験をした人は少なくないはず。それが実験で科学的に裏付けられた格好だ。「我々の先祖は、神経の緊張や興奮を周囲に伝えようとしていた。そんな名残かもしれない」と矢吹さんは想像を膨らませる。

 こうした基礎知識をもとに、ワキガ臭などの体臭が発生するのを防ぐコツをまとめたのが
表7

画像の拡大

 まず、汗などの分泌物はこまめにふき取ること。特にストレスによる発汗はすぐにふき取るのが効果的。また、下着、衣類等はこまめに取り換えたり、衣類はより通気性の良いものを選んだりする方がよい。さらにニオイが発生しないように、汗腺からの分泌物を分解する細菌を極力減らす工夫も欠かせないようだ。

 「細菌が繁殖する3条件はエサ・水分・温度。つまり、この3条件が整わないように工夫することがコツ」と矢吹さんは説く。

 電力不足で従来よりも汗をかく機会が多いこの夏。周囲を不快にする体臭が発生しないように、常に気を配りたいものですね。

それでは、もしばらく暑い日が続きます。
この夏は良い汗をかきましょう。







Yahoo!  検索 お中元  フルーツ 

Yahoo! 検索 お中元  フルーツ 


スポンサーサイト
  1. 2011/07/24(日) 13:09:04|
  2. ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ