世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

熱中症対策には、ミネラルウォーターがおすすめです。

熱中症とは、
高温環境下で、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻するなどして、発症する障害の総称です。(引用:環境省 熱中症環境保健マニュアル)


特に、年配の方は注意が必要です。また塩分の補給も必要です。補給しないと、からあがです、補給しないと体が調節しようとして、さらに水分を排出し、しようとして、ますます脱水となります。室内でも、28℃以上となると、起りえます。

昔は、夏に干タラを食べたものです。梅干しもいいですね。
心臓疾患、腎臓疾患等、ある方は、医師の指示に従ってください。



ここの所連日30度を越す猛暑ですね。
熱中症に関するニュースも毎日の様に報道され、なくなる方もおられます。 

熱中症対策には、やはり水分補給が大切です。今回は水分補給の方法


★水分補給は一度に摂取するのではなく、
1回200ml程度を何度かに分けて飲みましょう!

★たくさん飲むと、喉の渇きは癒されますが、過剰に摂取した水は胃に負担をかけ、胃液を薄めてしまいます。そのため消化不良を起こし、よけいにばててしまう事があります。飲むなら、1回200ml程度を何度かに分けて摂取することが大切です。


1日のサイクルとしては、朝目覚めたとき、午前10時と午後3時のおやつのとき、入浴前後、寝る前などにコップ1杯ずつの水を飲むこと。これ以外に1日3回の食事のときにも1杯ずつ飲めば、1日1,600ml程度の水分が補給できます。。

こまめな水分補給が健康のカギを握っています。


■水分を「摂り過ぎる」ことはないの?
一般的な成人の体は約60%が水分でできています。これが、わずか5%でも不足すれば頭痛や体温上昇、脈拍上昇などの症状を起こしてしまいます。
 
しかし、いくら飲んでもよいのかというとそうでもないのです。反対に、水分を摂り過ぎて体内の水分が増えすぎると、過剰な水を処理するために
腎臓に負担がかかり、体内の老廃物を処理しきれなくなってしまうため、体がだるくなったり疲れやすくなったりむくみを起こしたりしてしまうのです。


特に注意が必要なのは、1日中エアコンの効いた部屋にいて、あまり汗をかかず
尿量も少ない人。この様な状況の人は、冷たい飲み物ではなく温かい飲み物を
飲んだり、カフェインの入ったものを飲んで尿量を多くしたり、ときどき外に
出たりしてエアコンの中にばかりいないように注意しよう。何でも「過ぎたるは及ばざるが如し」といったところでしょうか。


ただここ数日の記録的な猛暑の中では、マメに水分補給をすることをお勧めします。


さてそれでは、どんな水を飲んだら良いでしょうか?

発汗など水分の排出が多くなる夏には、(純)水より、ナトリウムをはじめ各種ミネラルを豊富に含むミネラルウォーターをお飲み下さい。



水分と共に失われるミネラルイオンを補給し、体調を整えるため、スポーツドリンクと硬水ないしミネラルリッチな水はこの時期特にお薦めです。

しかし、スポーツドリンクの糖分を取りたくないという方には以下のミネラル
ウォーターがお薦めできます。

真夏に薦める水:スポーツドリンクの糖分が気になる方




熱中症対策にはミネラルウォーターが効果的です。


こんなんもあります。
ミストで紫外線乾燥対策クールダウン爽やかパーソナルミストクーラー  ミストリフレッシャー
昔の打ち水の原理と同じです、こんなのもあります、ミストリフレッシャー=半自動携帯噴霧器
冷蔵庫で冷やして使うと、気持ちいいです。
ミストで紫外線乾燥対策クールダウン爽やかパーソナルミストクーラー  ミストリフレッシャ

ミストで紫外線乾燥対策クールダウン爽やかパーソナルミストクーラー  ミストリフレッシャ








関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/07/24(土) 13:37:02|
  2. 得すること
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<押しつぶされて 死刑執行にサイン? 千葉法相 | ホーム | 初の女性総理の芽もありか。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://102200.blog68.fc2.com/tb.php/205-b02915cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)