世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

長妻さん踏ん張りどころ 子宮頸がん公費助成へ 前向き

少しずつではありますが前進しています。

子宮頸(けい)がんワクチンの接種費用への公費助成一歩前進。世界の主要国の中で日本のみが公費助成をしていないだけに、長妻さんお願いします。

長妻昭厚生労働相は8月初め、2011年度予算の概算要求に子宮頸がんワクチンの公費助成を盛り込む方針を明らかにしました。

民主党は、09年8月の衆院選に向けた政策集の中で、同ワクチンの日本での開発の推進とともに「任意接種に対する助成制度」の創設を掲げていたのですが、実施をしていませんでした。

10年度は検診の無料クーポン券の配布と検診手帳の交付の予算を計上をしていましたが自公政権時代の09年度から始まった政策で、抜本的解決にはなりません。

このワクチンは十分な免疫力を得るには3回接種が必要で、個人負担だと合計5万~6万円かかるのが現実で、それが摂取される方の大きな負担となっています。

昨今、国の対応をあてにせず、自治体単独で、負担・補助するが急増し、これまでに160を超してきています。しかし、接種費用の助成を自治体に任せると、住んでいるところで助成を受けられるかだめか、どうか決まり、地域間格差が生じ大変問題となります。厚労省が公費助成に一歩進みだしたのは、こうした声が大きくなりほっておくと、さらに問題が大きくなり、無視できなくなってきたことがあると思います。それだけ、子宮頸がんに対する啓蒙活動が進んできた成果です。

なぜ子宮頸がんワクチンが注目されているかと言うと、現代医学で予防ができるようになった唯一のがんだからだです。予防しないことは、国の怠慢です。

毎年約15,00人が発症し、約3,500人が亡くなっていると言われています。ここが一番大事なところで出産適齢期の20歳~30歳代女性のがんで最も多く、また、発見が遅れれば命にかかわり、助かっても出産できなくなる可能性があるということです。

病原体はヒトパピローマウイルスで、この中の特定の二つの型のウイルスによる感染が若い女性では8~9割を占め日本で昨年末から販売が始まったワクチンは、この二つの型の感染予防が目的です、先行している欧米では重い副作用はこれまで報告されていなく、さらに定期検診を組み合わせれば、高い割合で予防できることが欧米で確認されています。

予防がうまくいけば、結果医療費が少なくなります。世界では、30国以上の国が接種費用を助成しています。ほとんどの国が10歳前後からの接種を勧め、学校で集団接種している国も少なくないそうです。早急に、日本も、国々に学び、効率的な接種体制をつくる必要があるはずです。

自民、公明両党は子宮頸がん予防のための議員立法を検討しています、民主党も率先し子宮頸がん公費助成。法案を作り成立してほしいののです。
先の参院議員となった三原順子さんのも参院選比例選当選証書付与式で
特に子宮頸がんのワクチンの公費助成実現のため、法案を一日も早く通したい」と話していました。





未来を担う女性に子宮頸がんワクチン公費助成を(この会で7/21 11:15に長妻厚生労働大臣に52,148名の署名・要望書を提出しました。現在は署名募集はありません。)

twitter子宮頸がん予防ワクチン公費助成推進実行委



SLEEPTRACKER 健康時計目覚めスッキリ!睡眠データをPCにダウンロード可能。毎朝の至福の時間の作り方→全世界で大人気商品「SLEEPTRACKER(スリープトラッカー)」。実店舗では、売り切れ店続出の状態です!世界でも有数の発行部数を誇る週刊誌「タイム誌」の2005年度最優秀発明品賞を受賞、そして、2006年には、デザイン・技術部門で「国際CES発明賞」を受賞いたしました。腕につけるだけで身体の状態をモニターし、最高の目覚めのタイミングを探し出します。






関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/08/24(火) 12:38:55|
  2. 民主党のこれから
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小沢氏 背水の陣 代表戦突入 | ホーム | 長野知事選 民主推薦候補 なんとか当選>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://102200.blog68.fc2.com/tb.php/225-5478f0a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)