世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

ごまめの歯ぎしり 民主党の質問主意書に対しての不誠実。

民主党の質問主意書に対しての不誠実。

国会の答弁が、なっていませんでしたけど。

政治主導が、官僚作文丸写し答弁になったいましたが。

こんなにも不誠実とは、いかがいたしたものでしょう?

以下全文転載いたします。


......ごまめの歯ぎしり メールマガジン版......
       衆議院議員 河野太郎の国会日記
===========================================================
河野太郎のツィッターはこちらから! @konotarogomame

僕が法務副大臣をしていたとき、質問主意書には気を遣った。官僚
が木で鼻をくくったような野党への答弁書を持ってきた時は、もっ
と丁寧に書くようにと突っ返した。秘書官は目をむいていたし(サ
イタさん元気?)、担当者にはいやがられたと思うが、それでも主
意書にきちんと答えることが必要だと思ったし、衆議院議員の1人
として法律で認められた衆議院の権限を守る必要があると思ったか
らだ。

ところが、菅内閣はひどすぎる。主意書の答弁が全く不誠実だ。

屁理屈をこねて答弁をしなかったり、質問の一から五までへの答弁
を一つにして、ほとんどの質問には答えていないような答弁を出し
てくる。一度だけではない。

まったく主意書の意味がない。

それならば、こちらも自衛しなければならない。まず、質問を細か
く分ける。前提条件を細かく尋ねる。そして、その後、質問を一つ
ずつする。

そして、要は一主意書に一問ずつ。そうすれば、その問いに的確に
答えるしかない。答えが出なければ、すぐに再質問のための主意書
を出す。

国土交通省のいいかげんな基本高水に関する主意書をこの方式にし
たら、あっという間に数十通の主意書になった。

経産省の大臣官房が今週出してきた、あのいい加減な主意書を書き
直したら、あっという間に三十五通。

そして、金融庁。金商法第二条第二項五号の問題について極めて不
誠実かついい加減な対応しかしない。こまかく主意書を一枚ずつ書
き始めると、かなりの数になる。

通常国会の冒頭で二百通ぐらいの主意書になる。

しかし、こんなこと、菅内閣は本当に我々にやらせたいのか?
主意書にどれだけの労力を官僚が割かねばならないか、お互いわか
っている話ではないか。政府がきちんと答えを書いてくれればそれ
で済む話ではないか。

実は、経産省大臣官房秘書課が担当する主意書への答弁が、検討を
要するからと回答期間が延長されたままだ。もし、菅内閣が、質問
主意書という制度を尊重して、きちんと対応するというならば、こ
の主意書への答弁書をきちんと書いてほしい。

もしそうしてくれれば、いい加減な答弁書が返ってきたこれまでの
主意書を通常国会に出し直すので、普通に答弁書を書いてくれれば
いい。

もし、今回の答弁書がこれまで通りの不誠実なものならば、二百通
全部はさすがに出さないが、かなりの数の一問一通の主意書を出さ
なければならなくなる。主意書への答弁を書くのは政務三役ではな
く官僚である。しかし、政務三役がきちんとした指示を出せば、役
所はきちんと対応する。

お互い前向きの意味ある仕事をするために、誠実な対応をしてほし
い。
===========================================================
メルマガバックナンバーはこちら(ブログ版)↓
http://www.taro.org/gomame/index.php
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2010/12/12(日) 20:36:40|
  2. 民主党のこれから
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<12/12のツイートまとめ | ホーム | ジュリアン・アサンジュ氏の「毒薬」とも「滅亡ファイル>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://102200.blog68.fc2.com/tb.php/358-cf84b151
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)