世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

習近平によって世界が変わります。胡錦濤オバマ玉虫色米中共同宣言

オバマ胡錦濤首脳会談が終わりました。共同声明は、お互いの革新的利益に配慮し玉虫色の色彩が強い表現でした。一つ気になったのは、胡錦濤さんが<ステルス戦闘機殲20についてあまり知らなかったということです。
軍をちゃんと掌握しているんでしょうか?気になりました。一年後には、次期国家主席とされる習近平氏によって今後の世界は変わります。さて胡錦濤さん次の習近平さんとはどんな人でしょうかあたってみました。

*ウキペディア出典習近平とは
習 近平(しゅう きんぺい、シー・チンピン、Xi Jinping、1953年6月1日 - )は中華人民共和国の政治家。中華人民共和国副主席、中華人民共和国中央軍事委員会副主席、第17期中国共産党中央政治局常務委員、中国共産党中央書記処第一書記、中国共産党中央軍事委員会副主席、中国共産党中央党校校長。党内序列第6位[1]。太子党のひとりで、父は習仲勲(元国務院副総理)。中国の最高指導者である胡錦濤の後継者に事実上確定している人物である。

父・習仲勲が批判された文化大革命において反動学生とされ、1969年から7年間、陝西省延川県に下放された。1974年に中国共産党に入党、下放された同地で生産大隊の党支部書記を務めている。1975年に国家重点大学の清華大学化学工程部に入学。1979年に卒業した後、国務院弁公庁で副総理の耿飈の秘書を務めた

アモイ副市長、福州市党委員会書記を経て、2000年に福建省長となる。2002年11月、張徳江に代わり49歳で浙江省党委書記に就任。2006年に上海市で大規模な汚職事件が発覚し、当時の市党委書記陳良宇が罷免されると、翌2007年3月24日、書記代理を務めていた韓正(上海市長)に代わって上海市党委書記に就任。これにより、第17期の政治局入りは確実とみられていたが、同年10月の第17期党中央委員会第1回全体会議(第17期1中全会)において、一気に政治局常務委員にまで昇格するという「二階級特進」を果たし、中央書記処第一書記にも任命された。上海市党委書記は兪正声が引き継いだ。2008年3月15日、第11期全国人民代表大会第1回会議で国家副主席に選出される

第17期政治局常務委員で唯一軍歴がある(中央軍事委員会弁公庁秘書)。2010年10月18日、第17期5中全会で党中央軍事委員会副主席に選出された[2]。中国共産党中央軍事委員会は、共産党が国家を領導するという中国の政治構造上、事実上の最高軍事指導機関である。副主席として党中央軍事委員会に入ったことで、習は胡の後継になることが事実上確定した。さらに同月28日、全国人民代表大会常務委員会の決定によって国家中央軍事委員会副主席に就任した[3]。

妻は中国の有名な軍隊歌手(国家一級演員)の彭麗媛(中国人民解放軍総政治部所属・少将)で、彼女との間にアメリカのハーバード大学に留学中[7][8]のひとり娘、習明沢(1992年生[9]、浙江大学外国語学院卒業)がいる。

習近平夫人
彭 麗媛(ほう れいえん、ポン・リーユアン、Peng Liyuan、1962年11月20日 - )は中国の軍隊歌手。
人民解放軍での階級は少将。人民解放軍総政治部歌舞団団長。
父親は町の文化会館の館長、母親は劇団員という芸術一家にて育つ。出身が悪く、さらに母方の叔父と、黄埔軍官学校出身の叔母の夫が台湾にいたため、父親は文化大革命時に「右派の反革命」と批判されて中で育つ [1]。14歳のときに山東芸術学校に入学し、18歳で人民解放軍の文芸兵となった後、20歳で中国中央電視台春節聯歓晩会に出演し、22歳で人民解放軍総政治部歌舞団に入団、同時に中国共産党党員となる。1986年,24才の時に太子党のひとり、習仲勲(元副首相)の息子である近平(当時アモイ市長)にみそめられ、翌年に結婚(近平は再婚ともいわれる)。近平との間には福州出生の長女習明沢(1992年生)[2]がいる。

ニューズウイークの、1.26号,China's Next First Lady:歌う次期主席夫人!
”アメリカ人ジャーナリストノ、ロバートローレンスクーンは以前に習と会った際に、当時の江沢民主席とポーズを取る、人民解放軍歌舞団の写真を見せられた、習は歌舞団メンバーの一人を指さしてうれしそうに言ったという、「これが誰だか知っているか?私の妻なんだ」
一度離婚暦のある習が澎に求愛し始めたのは、80年代という、求婚時に習はアモイ副市長であったという、確か、フォーサイトの

中国のステルス戦闘機 国内ニュース殲20


こちらは中国宣伝誇示?

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/01/21(金) 18:44:36|
  2. 民主党のこれから
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<01/21のツイートまとめ | ホーム | 菅政権に正義はあるか。 なぜに誕生したか。>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://102200.blog68.fc2.com/tb.php/433-a282e17e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)