世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小沢氏強制起訴 遅くはありません、なんらやましいことがないのなら 国会でちゃんと説明してください。

小沢氏強制起訴
遅くはありません、なんらやましいことがないのなら 国会でちゃんと説明してください。
強制起訴されました。一番の問題は、無実ならちゃんと国会政倫審ではっきり説明をすればいいのであって、なんらやましいことがないのなら、それをうとうことが、わからない。
小沢一郎民民主党元代表の公判での予想される争点
小沢元代表側 指定弁護士側
告発容疑になく、起訴内容に含めるのは検察審査会の権限を逸脱し無効 4億円の不記載 「検察審査会の議決に従うのが指定弁護士の立場」として、起訴内容に盛り込む
経理の実務はすべて秘書に任せいた。石川議員の調書には人に精、信用性がない。 元秘書らとの共謀 石川議員は再聴取でも「元代表に報告し、了承を得た」と要実しており、信用できる
特に説明もなく、秘書に求められるまま融資申込書に署名、捺印した 融資書類への署名 融資のm区敵を理解しないままの署名・捺印は不合理、不自然、原子の偽装工作が目的

そこのところをはっきりしないから、ヒールになるのです。以下東京新聞社説転載いたします。

東京新聞【社説】2011年2月1日

小沢氏強制起訴 「無実」なら説明厭うな
2011年2月1日
 民主党の小沢一郎元代表が強制起訴され、政治資金問題は法廷の場で白黒の決着がつけられることになった。「無実」を主張するなら、国会でも説明を尽くすことが政治家に課せられる責務だ。

 検察審査会制度によって強制起訴された政治家は、小沢氏が初めてである。昨年九月に市民で構成する検察審が「起訴すべきだ」と議決しており、起訴は時間の問題だった。政権与党の大物議員が刑事被告人となったことは、政治的にも意味が重い。
 政治資金規正法違反に問われた起訴事実は、小沢氏の資金管理団体「陸山会」が二〇〇四年に購入した土地に絡んだものだ。小沢氏からの借入金四億円を収入として計上せず、土地取得の支出について、〇四年分と〇五年分の政治資金収支報告書に虚偽の記入をしたとの内容に集約される。
 会計責任者の元秘書らと共謀関係にあったとされるが、小沢氏は「潔白だ」と一貫して訴えている。公判でも無罪主張するのは間違いない。検察官役を務める指定弁護士との間で、全面対決となるのは必至といえる。
 新しい検察審の仕組みについて「法廷で黒白をつけようとする制度」と検察審の議決書に書かれていた。市民が求めたのは、無罪なのか、有罪なのかの法廷決着である点を重視すべきである。「推定無罪」の大原則が働いていることを忘れてはならない。
 検察は二回にわたり、「不起訴」の判断をしており、有罪の立証には難しさが伴うことも予想される。冷静に裁判を見守りたい。
 強制起訴を契機に小沢氏に対し、離党や議員辞職を迫る動きが加速しよう。菅直人首相も年頭の記者会見で、自発的な離党あるいは辞職を促す発言をしたが、政治的思惑が先走ってはならない。小沢氏本人が今後、国会審議や党運営に迷惑がかかると判断すれば、離党という選択もあろう。
 ただし、小沢氏は重い政治責任を負っていることも自覚してほしい。陸山会の土地取引問題では、その原資について、小沢氏の説明が二転三転した。この事件とは別に、一昨年の衆院選時、陸山会が九十一人の候補者に分配した多額資金には、旧新生党解党時の残金が含まれていたようだ。
 不透明な「政治とカネ」への国民の目は厳しい。小沢氏が「出る」と言った政治倫理審査会でもまだ声が聞けない。国会の場で説明を厭(いと)う姿勢を見せれば、政治家としての信用にさらに傷がつく。


見方もあります。誰でもが推定無罪でも、起訴される可能性について言及しています。
2010年10月05日(火)  永田町異聞 より
http://ameblo.jp/aratakyo/entry-10667949908.html




PR 時節柄お気をお付け下さい。
インフルエンザ うがい 検索 Yahoo!ショッピング。




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/02/01(火) 22:12:07|
  2. 民主党のこれから
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エジプト 大規模な反政府デモが行われたエジプトで26日、再びデモが行われました。 | ホーム | フェイスブック関連本 映画も好調のようです。 >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://102200.blog68.fc2.com/tb.php/464-fc8b2ebe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。