世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

国土交通省河川局の犯罪がいよいよ曝かれようとしている。

 

国土交通省河川局の犯罪がいよいよ曝かれようとしている。


問責決議のため菅2次内閣で国土交通省大臣再任ならなかった
馬淵さんの代わりに国交省大臣となった新任大臣大畠章宏の
ばか大臣ぶり。ごまめの歯ぎしり全文転載。




......ごまめの歯ぎしり メールマガジン版......
       衆議院議員 河野太郎の国会日記
===========================================================
河野太郎のツィッターはこちらから! @konotarogomame

国土交通省河川局の犯罪がいよいよ曝かれようとしている。

それを必死に隠しているのが河川局の官僚と新大臣大畠章宏で
ある。民主党が掲げる政治主導は死んだ。

馬淵前大臣の命じた調査によって、河川局の犯罪はもはや隠し
通せなくなった。

ところが馬淵大臣の辞任によって、新大臣与し易しとみた河川
局は、突然、基本高水の世界に、第四紀火山岩層なるものを持
ち出し、第四紀火山岩層は一時流出率0.5、土壌は飽和状態に
達しないという新たな条件をひねり出した。

ほーお、では、国土交通省はいつから第四紀火山岩層の影響を
考慮して流出計算をするようになったのかという質問主意書を
出した。すると河川局は、それに対して、調査に時間を要する
ため、お答えするのは困難であると回答してきた。

河川局は、もはや逃れられなくなったので、逃げるしかないの
だ。で、新しい国土交通大臣、大畠章宏大臣もこの答弁を認め
たのだ。前任の馬淵大臣があれだけのリーダーシップを発揮し
て、問題を明らかにしたにもかかわらず、後任のこの腰抜け大
臣は、時間がかかるからお答えは困難などという役人の責任逃
れの答弁をそのまま認めた。

馬淵大臣は、河川局長を週末の夜中、書類のある現地まで走ら
せ、大臣が納得するまで調べさせた。それがあの予算委員会の
答弁につながった。新大臣は何をしたのか。何もしなかった!

茨城県第五区、日立市、高萩市、北茨城市の有権者はこのこと
をきちんと知るべきだ。あなた方の選んだ代議士は、官僚の犯
罪のもみ消しの先頭に立っている。

国土交通省は、利根川水系と同様に、他の108水系において
も第四紀火山岩層の影響を考慮した流出計算を行っているのか
という質問に対し、調査に時間を要するため、お答えは困難で
ある。どういう計算をやっているか、もはや答えれば手が後ろ
に回る事態になっている。

他の水系で第四紀火山岩層の影響を考慮した計算を実施してい
ないとすれば、それはなぜか。調査に時間を要するため、お答
えは困難である。役人のこんな答弁を国交大臣は平気で認めて
いる。何が政治主導か。
===========================================================

馬淵澄夫公式サイト
http://www.mabuti.net/
馬淵澄夫 公式ブログ
http://mabuti-sumio.cocolog-nifty.com/blog/
twitter
http://twitter.com/#!/mabuchi_sumio




構想日本〈第1巻〉日本再考/構想日本J.I.フォーラム

¥1,575
Amazon.co.jp
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/02/16(水) 20:57:23|
  2. 民主党のこれから
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<02/16のツイートまとめ | ホーム | 02/15のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://102200.blog68.fc2.com/tb.php/492-3ffe98d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。