世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

目に見える放射線

 

目に見える放射線。シンチレックス

試作品のカード型放射線検知器(左)を手にする中村助教。アクリル板(右)は反応しないが、試作品は青く光る

こんな便利なものが出てきたんですね。本当は必要ないのですが、これからはこれがないといけなくなるかもしれません。原発の周りをこれではかったら、真っ青だったりして、原発廃棄が早まればいいのですが。

 京都大の中村秀仁助教(32)がペットボトル樹脂を改良して開発した放射線センサー「シンチレックス」を使ったカード型放射線検知器が、9月末にも市販されることになった。価格は1万円以下になる予定。原発事故で放射線への関心が高まる中、手頃な検知器として期待される。

 中村助教が10日、読売新聞の取材に明らかにした。商品の基本となる試作品は縦約8センチ、横約6センチ、厚さ約5ミリの透明なカード型。一定量の放射線を検知すると、センサーの樹脂が青く光る。中村助教は「ランドセルに付ければ、子供も使用できる」と話す。

 中村助教らのグループは今年6月、ペットボトル樹脂を活用した放射線センサーを開発し、欧州物理学会の速報誌で発表した。従来の測定器などに使われているセンサー素材が数万円以上かかるのに比べ、コストが10分の1以下に抑えられる。

 試作品は12日午後6時半から北海道根室市で開かれる放射線講演会(読売新聞北海道支社など主催)で披露される。

(2011年8月11日 読売新聞)

aoipet-1
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/08/24(水) 22:49:22|
  2. 原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<民主代表選誰になるんでしょうか。 人物評 | ホーム | 島田紳助が突然引退 AさんBさんは誰>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://102200.blog68.fc2.com/tb.php/664-dce55d0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。