世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今年もインフルエンザ流行期に入りました。

 

少しずつ季節が変わり始めています。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

お変わりありませんか。


この冬のインフルエンザにかからないために書いて見ました。
まず今年の流行状況と今後の予想です。インフルエンザの発生動向(サーベイランス)

国立感染症研究所 感染症情報センター<インフルエンザ>より添付します。
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/




2011年 第26週 (6月27日~7月3日) 2011年7月6日現在
 2011年第26週のインフルエンザの定点当たり報告数は0.10(患者報告数491)となり、第17週以降減少が続いている。
 都道府県別では沖縄県(3.10)、鹿児島県(0.59)、福島県(0.31)、青森県(0.28)、宮崎県(0.25)の順となっており、30都道県で減少がみられた。
 沖縄県を除くと定点当たり報告数が1.0を超えている都道府県はなく、警報レベルや注意報レベルを超えている保健所地域は前週に引き続いて0となった。
 2010年第36週以降では、インフルエンザウイルスの検出はAH1pdm、AH3亜型(A香港型)、B型の順となっているが、直近の5週間ではB型インフルエンザが最も多く検出されている。詳細は感染症情報センターホームページ(http://idsc.nih.go.jp/iasr/influ.html)を参照されたい。
 今シーズンのインフルエンザの定点当たり報告数は、2010年第50週に1.00を上回り、2011年第4週に31.88と最高値となり、第22週に1.00以下となって(1.00を上回っている期間は24週間であった)、その後も減少傾向が続いている。
 注意報レベル、警報レベルを超えている保健所地域が2週連続して0であったことより、今シーズンのインフルエンザ流行レベルマップはこの第26週をもって終了の予定である。
以上転載終わり。


毎年インフルエンザは、、冬から春にかけて流行します。 
昨シーズンのインフルエンザは、2月始め(第5週)にピークに達し、4月中旬
(第15週)に小ピークがありましたが、現在は沈静化しています。 
ご存知のように2009年に流行した新型インフルエンザは、今年の4月から季節性インフルエ
ンザとして取扱うことになりましたが、感染による重症化等のリスクは大変ものです。。
 
高齢者や基礎疾患がある方などは、重症化等のリスクがあるため、引き続き感染
予防に努めましょう。
うがい 手洗い マスク 
 
日頃から習慣づけておきましょう。
咳が出る時は、「咳エチケット(マスクをつける、 ティッシュで口をおおう等)」を守りましょう。 
十分な休養と、バランスの取れた栄養摂取を心がけましょう。 
乾燥しやすい室内は、適度な湿度(50~60%)を保ちましょう。 
インフルエンザワクチン接種をし自己防衛しましょう。 

かかったかなと思ったら  
突然の高熱、咳、頭痛などの症状が見られ、インフルエンザが疑われる時は、ま
ず、かかりつけ医に電話して受診時間や受診方法などを確認し、マスクをして受
診しましょう。(できる限り診療時間内に受診してください。)

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/10/21(金) 21:49:40|
  2. 新型インフルエンザ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インフルエンザ感染を抑えるトローチ発売 | ホーム | 頑張らないでも月収が増えればいいと思う人はどうぞ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://102200.blog68.fc2.com/tb.php/686-05d2cf8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。