世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

輪島がれき問題 谷本石川県知事がダブルスタンダードと批判?

 輪島がれき問題 谷本石川県知事がダブルスタンダードと批判?
要は、がれき受入れの責任の所在を国とハッキリし、矢面に立つのは、受け入れ自治体の長であるのであって、輪島がれきの、放射線汚染が起きた場合の補償、お金、責任の所在の明瞭化にほかならずがれき受入れのための援護射撃の感ありき。
>ソース:毎日新聞 
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20120307ddlk17040519000c.html 
3月6日、谷本正憲知事は東日本大震災の被災地のがれき処理を巡り6日、がれきの焼却灰を埋め立て処分する際の放射性物質の基準が、従来の原発解体関連の廃棄物の基準値の
100Bq/kgよりもはるかに高いことを挙げ、「ダブルスタンダードではないか。これでは住民は納得 しない」と語り、不信感をあらわにしました。【横田美晴】 
環境省は震災がれきの焼却灰などを、一般廃棄物として自治体が処分場に埋め立てる 
際の基準を、放射性セシウム1キロ当たり8,000Bq/kg以下とした。しかし、前々から決められている原発を解体する際に発生する廃棄物についての従来の基準は同100Bq/kg以下。このため、 基準の曖昧さを不安視する声が全国で上がっている。 
さらに、谷本知事はこの日の県議会で震災がれきの広域処理に対し、国が自治体側に財政支援する方針を打ち出したことに対し、「現時点では具体的な内容が示されていない」 
と述べ、引き続き国の動向を見極める姿勢を示した。紐野義昭県議(自民)の質問に答えた。 
がれきの受け入れ自治体に対する国の財政的支援は、野田佳彦首相が3月4日表明しまた。これについて谷本知事は6日の答弁で、「ようやく地域の声が国に届いた感がある」と 
一定の評価をした。 
民主党は日本全国汚染させたいんですかね、ガレキという言い方も非常にあいまいです。
放射能汚染物廃棄物と言ったほうがいいのではないでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

  1. 2012/03/08(木) 22:07:17|
  2. 原発
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<03/08のツイートまとめ | ホーム | まとめてみました。放射線被曝量と安全基準 医療法施行規則第30条の27(許容線量)3ヶ月間につき>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://102200.blog68.fc2.com/tb.php/815-f93324c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。