世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野田政権は持つか 小沢無罪判決

裁判員裁判で小沢氏が無罪判決
どうする野田政権抹殺はできなかった。
反転攻勢で今度は刃が自身に降りかかる。

これで一転して、選挙に突き進む下地ができました。

東京地方裁判所は小沢一郎・民主党元代表に無罪の判決を言い渡した。輿石東幹事長は連休明けに小沢氏の党員資格停止を解除する手続きをはじめる考えを示しています。 小沢氏のグループは消費税率引上法案の反対急先鋒だ。今回の無罪判決でその勢いは高まるのは当然で、民主党内での小沢氏の存在感は必然的に高まります。

その動きは、別の角度でも作用します。民主党の谷垣自民への近接です。もともと、野田佳彦総理と谷垣禎一自民党総裁は、財務省が生み出した「増税双生児」といわれるほど、増税指向が共通している。2012年4月24日に出した自民党の次期総選挙のマニフェストで、早々と消費税10%を打ち出していることはご存じのとおりです。
野田総理にとって消費税増税を国会で通さないと9月代表戦再選はなく、谷垣総裁も、解散総選挙に追い込まなければ、やはり9月の総裁選挙の再選はありません。
ということは、両者にとってベストな答えは、今国会で消費税増税を通して総選挙するということです。谷垣自民が消費税増税法案に賛成すれば、小沢氏のグループが反対しても消費税増税法案は通る。解散は野田総理一人の判断でできることになります。
野田総理と谷垣総裁である限りは、この戦略は多少の波風はあっても、基本方向は揺るがないだろう。いってみれば、国会会期末には結論が見えている「お芝居」なのですが、幕引きまで、いろいろなシーンが予想されます。最後はシナリオ通りりなると思います。
特に、このシナリオは財務省に好都合で、野田-谷垣コンビは消費税増税での最強布陣なので、これをみすみす逃すはずがない。勝栄二郎・財務事務次官は6月に定年になり、最近その延長を野田総理は了承したという話があるがありますが、時間内に「フィナーレ」となれば、その必要もなくなります。
財務省が生みの親 野田・谷垣両氏は 増税双生児

小沢氏無罪判決は、政局、消費増税論議にどんな影響を及ぼすのか。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/04/26(木) 21:22:34|
  2. 民主党のこれから
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<輪島がれき問題 慎重に厳しく | ホーム | 輪嶋がれき受け入れ問題 2012/04/12>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://102200.blog68.fc2.com/tb.php/828-63ec713f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。