世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

輪島がれき問題 試験焼却へ進む 説明会おざなり。



輪島市文化会館で本日24日、震災がれき焼却について住民説明会がありました。

説明会には住民ら約60人が参加し、輪島市の梶文秋市長が受け入れを予定している

岩手県宮古市のがれきの放射能濃度調査の結果や受け入れの基準値について説明し、

理解を求めました。質疑応答では住民から、がれきを処理場で焼却した際に、

排ガスに含まれる放射能濃度についてやフィルターの性能に関して質問が相次ぎましたが、

主催者側が予定時間のため説明会を打ち切り、反対派の住民からは、不満の声が上がる。

試験償却を行う意向です。

25日には、市議会最終日で受入決議を可決しようとする動きがある。市長派が多数を

占めています。26、27日には、輪島市区長会長会が開催され、受け入れの賛否を表明

するとも言われている。

輪島市はこの間の地区説明会などでひたすらサンプル調査の「不検出」を示し、安全性を強調し

ています、出たとは言えませんわな・・・

果たして広域処理する木くず(木質系がれき)が残っているのかということである。


宮古地区のがれきは宮城県と比較し、相対的に放射能のレベルが低いので各地からひっぱり

だこであるうえ、がれきの推計量の見直しで、木くずは12万トンから2万トンと大幅に減った。

輪島市が受け入れを検討している宮古市だけに限ればゼロとの話もあります。

がれきは地元で処理すればいいのです。焼却プラントが着々と建設され、今度は、程度の良い

がれきの取り合いが始まっています。

宮古地区のがれきは宮城県と比較し、相対的に放射能のレベルが低く各地からひっぱりだこ、さらにがれきの推計量の見直しで、木くずは12万トンから2万トンと大幅に減った。輪島市が受け入れを検討している宮古市だけに限ればゼロとの情報もあるそうです。


すでに秋田県大仙市は受入を開始し、苫小牧も受け入れの議論を進めてきた。金沢市も宮古市へ調査に行くそうです。

現地では、、仮設の焼却炉も作り、民間企業の受入もまだまだ可能で 今月から来月の上旬にかけて岩手県は見直したがれき量、そして広域処理の割当量を決める見通しとのことです。7月上旬には決着する可能性がでてきたということです。

焼却するがれきは輪島に回ってくるのかはなはだ疑問です。分捕り合戦みたいです。本末転倒のお粗末でした。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/06/24(日) 22:38:11|
  2. 原発
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<06/24のツイートまとめ | ホーム | 06/23のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://102200.blog68.fc2.com/tb.php/864-c809af12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【輪島がれき問題 試験焼却へ進む 説明会おざなり。】

輪島市文化会館で本日24日、震災がれき焼却について住民説明会がありました。説明会には住民ら約60人が参加し、輪島市の梶文秋市長が受け入れを予定している岩手県宮古市のがれきの放射能濃度調査の結果や受け入れの基準値について説明し、理解を求めました。質疑応答では...
  1. 2012/06/25(月) 00:54:39 |
  2. まとめwoネタ速neo