世の中いろいろ 民主党ウオッチ 原発もあります

                   いろいろ思ったこと綴ります 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

インフルエンザ 石川県学級閉鎖状況 2013/01/29~30

石川県平成25年1月29日またまた爆発的に学級閉鎖が増えました。週末をはさみ子供たちを含む親たちが人混みに交じり感染した可能性があり火曜に発症、発熱学校に連絡し結果として学級閉鎖が増える。外でのイベントも大いに影響していると思われます。

201329
2013012902


学級閉鎖の根拠法
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E4%BF%9D%E5%81%A5%E5%AE%89%E5%85%A8%E6%B3%95

学校保健安全法 (がっこうほけんあんぜんほう、昭和33年4月10日法律第56号、最終改正:平成20年6月18日法律第73号)は、学校における児童生徒等及び職員の健康の保持増進を図るため、学校における保健管理に関し必要な事項を定めるとともに、学校における教育活動が安全な環境において実施され、児童生徒等の安全の確保が図られるよう、学校における安全管理に関し必要な事項を定め、もって学校教育の円滑な実施とその成果の確保に資することを目的(第1条)とした法律である。
「学校保健法等の一部を改正する法律(平成20年6月18日法律第73号)」によって、2009年(平成21年)4月1日、学校保健法から学校保健安全法に改題され、学校における安全管理に関する条項が加えられた。 

学校感染症

学校は集団生活を行う場であるので、感染症を起こした児童は出席停止にし、他の児童に感染を起こさないように管理することが求められている。 そこで、学校保健安全法施行規則では、学校において予防すべき対象となる感染症(学校感染症)が指定されている。
第一種
感染症法の第1類、第2類の疾患(結核を除く)が相当する。治癒するまで出席停止である。
第二種
飛沫感染をするため、学校において流行する可能性が高い感染症である。出席停止の基準が感染性が認められなくなるまでという基準であるため、疾患によって基準が異なってくる。これらの基準は疾患が治癒したとは同義ではない。
インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)及び新型インフルエンザ等感染症を除く):発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで。
百日咳:特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで。
麻疹:解熱後3日間経過するまで。
流行性耳下腺炎:耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで。
風疹:発疹の消失まで。
水痘:全ての発疹が痂皮化するまで。
咽頭結膜炎:主要症状消退後2日経過するまで。
結核:病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで。
髄膜炎菌性髄膜炎:病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで。
第三種
飛沫感染はしないものの、集団生活においては流行を広げる可能性が高い感染症である。全ての疾患において医師が感染の恐れがないと認めるまで出席停止となる。腸管出血性大腸菌感染症、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎などが該当する。
なお、学校感染症第1種はあくまで感染症法1類、2類であるので、感染症法19条、20条、および26条によって、都道府県知事の入院勧告、措置の対象となる。入院をしなければならないので、当然学校も出席停止となる。


とある医師の学級閉鎖への根拠
http://rockymuku.sakura.ne.jp/syounika/gakkyuuheisa.pdf

学級閉鎖根拠
学級閉鎖根拠02
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2013/01/29(火) 20:49:42|
  2. 新型インフルエンザ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<01/29のツイートまとめ | ホーム | 01/28のツイートまとめ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://102200.blog68.fc2.com/tb.php/977-e39b43da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。